Windows7 リカバリ ディスク作成

Windows7でバックアップを行ったものを、リカバリディスク状態にしてDVD等に保存しておくと、PCのトラブル対策になります。今回は、Windows7でリカバリディスクを作成する方法をご紹介します。ディスクが無い場合の対処法も解説します。 Windows 7 のインストールまたは再インストールが必要な場合は、このページからディスク イメージ (ISO ファイル) をダウンロードし、USB フラッシュ ドライブまたは DVD を使って独自のインストール メディアを作成できます。 リカバリ領域を削除すると、リカバリディスクセットを作成できません。 リカバリ領域は削除しないでください。 時間に余裕をもって作業する. リカバリディスクセットの作成は、長時間かかります。 時間に余裕があるときに作業することをお勧めします。 Windows 7にはリカバリーディスク作成の機能があるようですが、以下について教えてください。(1)パソコンのHDDにリカバリー領域がないパソコンでもリカバリーディスク作成は可能でしょうか?(2)パソコンのHDDにリカバリー領域があ Windows 7のコンピュータを保護するために、Windows 7 USB回復ドライブ|リカバリディスクを作成することはよい考えです。 コンピュータの所有者が異なるWindowsシステムを実行している場合は、AOMEI Backupperを使用してブータブルメディアを作成することができます。 それではまずリカバリーディスクを自分で作成し、Windows7のパソコンで初期化やリカバリーする方法を紹介します。リカバリディスクを作成するには、DVD-R(3~5枚が目安)または外付けのハードディスクなどが必要ですので用意しましょう。