輸入消費税 租税 公課

法人税法においては、法人が納付する租税公課のうち次の1に掲げる租税公課以外の租税公課は損金の額に算入され、また、その損金算入の時期は次の2のとおりです。 1 損金の額に算入されない主な租税公課. 消費税を納税する時の経理処理について、複雑でよくわからずお悩みの方も多いと思います。 租税公課(そぜいこうか)とは、簡単にいうと、会社や個人事業主が税金などを支払った時に使用する勘定科目です。 消費税を納税する時の経理処 […] 損金の額に算入されない主な租税公課は次のとおりです。 (1) 法人税、地方法人税、都道府県民税及び市町村民税の本税 (2) 各種加算税及び各種加算金、延滞税及び延滞金(地方税の納期限の延長に係る延滞金は除きます。)並びに過怠税 輸入消費税を仕入諸係に 含めていたり、 租税公課に入れていたりで、 消費税の税額控除の対象に 入れていないのです。 輸入消費税は、 通関して日本に輸入する時に かかります。 輸入消費税を払わないと 保税地域から貨物を 引き取ることができません。 輸入内国消費税の勘定科目は租税公課でいいのでしょうか? 弊社使用会計ソフトの消費税処理は、税込み経理のみです。 この上記のような状態での ・輸入関税 →租税公課? ・輸入内国消費税等 →租税公課? ・立替納税手数料(消費税込) →支払手数料? 雑貨を輸入した際にかかった関税は、租税公課でよいと思いますが、租税公課=非課税の税区分でokですよね?>租税公課=非課税の税区分でok…なんの税金が非課税で良いかとお聞きですか。所得税または法人税なら、必要経費でありもともと 租税公課とは「租税」と「公課」を合わせたもので、経費に計上できる「税金や公的な負担金」を、まとめて1つの勘定科目にしています。租税公課のうち「租税」は、住民税や法人税・所得税以外の税であり、「公課」は公的サービスの費用や公的団体へ支払った費用です。 税込経理方式(消費税等を取引の対価に含めて経理する方式)の場合、納付すべき消費税等の必要経費算入の時期は、消費税等の納税申告書に記載された税額については納税申告書が提出された日、更正又は決定に係る税額については更正又は決定があった日とされています。 消費税の課税対象にならない主な必要経費をまとめました。租税公課、給与賃金、社会保険料、海外に払ったお金、各種の保険料、利子割引料などは、消費税の課税対象になりません。なので、これらの出費があった場合には消費税区分「非課税」あるいは「不課税」で帳簿づけします。 会計的には、租税公課となります。(税法上は間接消費税) 輸出品目次第では、関税額が大きなものもあるでしょうから、 租税公課の処理科目のなかに、「関税」勘定を新設されてもよろしいでしょう。 輸入サイドでは、関税は原価算入される企業が 財務・会計・経理 - 海外取引をしました。間にはいって手続き等をした業者からの請求書に、「輸入消費税」というものがありました。 この場合、仕訳に使う勘定科目は「租税公課」になるのでしょうか? 海外輸入には輸入消費税がかかります。輸入消費税は一般的な消費税とは課税価格や納付方法が違います。 そこで今回は、輸入消費税の仕組みや計算方法、経理処理について解説します。個人輸入事業者は必見です。 輸入消費税とは?