不動産 譲渡 会社分割

会社分割は、m&aを含む組織再編行為の1つであり複数の実施方法が存在しますが、消費税は不課税となっています。会社分割の分類を確認すると共に、類似する手法である事業譲渡と対比させながら消費税不課税の実態に迫ります。 具体例:不動産を分割(無対価又は株式対価)で別会社化. 事業譲渡と会社分割では何が違うか事業を切り出して第三者に譲渡する方法として、事業譲渡や会社分割の方法があります。事業譲渡と会社分割では法形式が異なることから、様々な点に相違点があります。主なポイントについてまとめておりますので、下記にて解説 昨年末、裁判所で1件の和解が成立しました。事件の争点は、とあるビルの1階を賃借していたテナントが、そこで行っていた飲食店事業を会社分割により新設した会社に移転したのですが、そのビルにおける賃借権も含めて移転してしまったことが、賃借権の無断譲渡に当たるかというものです。 別会社で不動産事業を行いたい場合で既存会社が保有している不動産を別会社に移すときは、別会社で銀行借入又は既存会社から別会社への貸付などにより資金調達をして、既存会社から別会社に現金譲渡することが考えられます。 しかし、会社分割によれば、消費税は不課税であり、不動産取得税や登録免許税は軽減される。 以上のように、税負担を比較すると事業譲渡よりも会社分割後の株式譲渡が有利に取り扱われる局面が多い。 不要な事業は、事前に不要事業を会社分割で切り離す 会社の一事業だけ売る方法には会社分割と事業譲渡があります。 どちらも会社の本体を残すことができるため経営者が交代することもありません。 事業を切り離す理由は業績不振や本業との関連性の問題など様々ですが決して珍しいことではないのです。 事業譲渡:課税 会社分割:課税(地方税第73条の7第2号後段及び地方税法施行令第37条の14に定める会社分割により不動産を取得した場合は非課税) 登録免許税・不動産取得税等の軽減措置; 事業譲渡:受けられない 会社分割:受けられる. どちらも一事業を別の会社に移転するという点では共通しています。ただし、会社分割は資金を伴わずに行える点が異なります。また、前者が組織法上の行為、後者が売買行為という法的な違いにより、債権者保護、税務処理、不動産取得税等の取り扱いが異なります。 会社分割では不動産取得税は課されるのでしょうか?会社分割と不動産取得税との関係、会社分割で不動産取得税が非課税になる要件、会社分割における不動産取得税の税率、会社分割で不動産を取得する際の登録免許税などについて解説します。