一眼レフ 暗い場所 撮影


例えば暗い場所で手持ち撮影をすると手ぶれをしてしまいますし、iso感度の上げすぎは画質が低下してしまいます。明るいレンズはより多くの光を取り込むことができますので、暗い場所での高速シャッターの自由度が上がります。ホタルや星空の撮影なども明るいレンズが威力を発揮します。 メールサポートでいただいたご質問を紹介します。 【ご質問】 Nikon D7100 を使っています。 夜の撮影で絞り優先でシャッターが 切れませんでした。 どのようにすればよいのでしょうか? 【回答】 いざシャッターチャンス! というときに、 シャッターが切れないと 夜景の撮影は難しいと感じることも。ここでは一眼レフを使って初心者でもかんたんキレイに撮れるテクニックを紹介します。失敗例を交えながら解説し、丸ボケや光跡写真などの特殊な撮り方もご紹介し … しかし、 発表会のような暗い場所だと、一眼レフが撮影に最も適しています。 一眼レフも、安いものだと、30000~50000円で買えてしまいます。 コレ↓ 一眼レフをお使いの方でも、「ライブビュー撮影」に切り替えれば同じです。 難しいけど…撮れたら嬉しい! 今度「暗い場所+速いシャッター速度」のシーンに遭遇したときは大丈夫そうですか?(笑) ここはもう練習あるのみです。 一眼レフカメラが得意とするのが夜などの暗い場所での撮影です。昨今はスマホのカメラの性能も良くなり、一眼レフカメラに迫る撮影もできるようになってきました。しかし、暗い場所では大きなレンズとセンサーをもった一眼レフカメラが圧倒します。 一眼レフを手に入れて、初めての撮影。 どきどきしながらシャッターを押して、写真を確認してみると 「あれ…写真が真っ黒・・・なんで?」 「人の顔が暗い・・・どうしたらいいの?」 そんな経験、あり …