リーバイス 506XX 復刻


リーバイスが自らが復刻し、赤タブをつけ発表している事に意味がある。そして、コーンデニム社の歴史が誇るデ … 以上リーバイスヴィンテージクロージング(lvc)とデニムジャケット、506xxについて。 .

リーバイス・ジャパンの企画もので、一応506XXのつもりだったらしい。 フロントの5つのボタンは通称ワンスター・ドーナツ(社名ロゴ入り)。本来はNo.2デニム用。だから213なのさ。 今はもうモデルチェンジしちゃったね。 1937年に赤タブ採用開始。

Levis(リーバイス)501XXの1966年モデルの復刻の色落ちサンプルです。 もう10年以上も前に買ったジーンズです。1年間ほぼ毎日穿いてサンプルの状態です。この当時はリーバイス501の復刻版が色…

カジュアルウェアの定番となっているデニムジャケット(Gジャン)。今回は老舗古着店「ベルベルジン」の店主である藤原さんが登場。Levi's 506XXをはじめとするヴィンテージ・ジージャンをご紹介いただきながら、その魅力について語っていただいた。

リーバイスのファースト(506xx)とかセカンド(507xx)は、もともとは作業着としてつくられたために、ジーンズよりサイジングが難しいところがあります。 また、特にファーストの古着は高価で、個体差もあり、通常は、サイズやシルエットを細かく分析するほど集められないということがあります。 初期復刻ジャケットから推測するリーバイスジャパンの製品企画力と当時の状況 0 0 MyLevis501 9/19/2013 Edit this post ネット上で、『リーバイスの初期の復刻はディテールがいい加減で、オリジナルに忠実でない。

リーバイスの1st(ファースト)デニムジャケットデニムといえばリーバイス。ジーンズ(501)についてはこちらそしてジージャンといえばこれもリーバイス。しかし、ひとくちにリーバイスのジージャンといっても様々なタイプが存在している。3rd(サー