リーバイス ボタン裏 刻印 553

90年代米国製のリーバイス501と色落ちについて トップボタン裏に刻印がありました。 s 刻印です。 . Levi’s(リーバイス)フロントボタン裏の数字刻印の意味; Levi’s(リーバイス)70505モデルの年代ごとの特徴を見分ける; オールドスケートファッションにあるリーバイス517の格好良さについて。 Levi’s(リーバイス)主にタグで見る年代判別【スタプレ-ボトムス編】 オールドスケートファッションにあるリーバイス517の格好良さについて。 Levi’s(リーバイス)フロントボタン裏の数字刻印の意味 ボタン裏刻印dのサード(557系と559系)では、胸ポケット裏の刻印が17である場合が比較的多くあります。尚、セカンドやギャラ入りサードの17刻印とは少し大きさ字体が異なります。 刻印dが、刻印17の工場・ラインの後継であることを示していると思います。 隠しリベット裏の刻印がのちにトップボタン裏に移動したと思われます。 ※製造工場の管理番号(記号)と言われています。 両方あるという事は、、、 15=s なのでしょうか? ちなみにボタン裏が500番台であればそれは米国製の証。別で所有しているメイドインusaの501は553。工場の特定こそ出来なかったがこちらもれっきとした米国製ということになる。 .

557はボタン裏の刻印はアルファベットで、dが最も多く他にもaやoなんかもあります。 70505は2桁か3桁の数字刻印になっており、 2桁の場合は52、3桁の場合は520番台の刻印 が出回ってます。 現に私の個体も、557はd刻印で70505は526刻印です(写真上)。 ちなみに、j から始まる刻印は日本企画を意味しており、日本向けに販売しているリーバイスです。 また、復刻品が過去のリーバイスのディテールを忠実に再現しているのですが、このボタン裏の刻印までを同じよう再現することはありません。 ほとんどの偽物がトップボタン裏の刻印が「501」です。ただし80~90年代の一部のレギュラーに限り501刻印が存在します。(詳しくはブログ下記参照↓)逆に言えば復刻版には501刻印はありえません。 なので、、、 「501刻印」+赤耳=偽物濃厚!