スカラ ネット 在籍報告 やり方

スカラネット・パーソナルを利用した「在学猶予願(在学届)」提出のマニュアルを掲載しています。以下のリンクから確認してください。 なお、提出期限や提出に必要な学校番号等については、在籍している学校の奨学金担当窓口に確認してください。 関連ページ. スカラネット・パーソナルからの在学猶予願(在学届)の提出には、在籍している学校の、「学校番号」の入力が必要になります。 学校の担当窓口にお問い合せください。 在学猶予願の届出が必要な場合(進学・辞退・留年・休学等) 進学したらすぐに、在学猶予願(在学届)を提出してください。 ※日本学生支援機構の第一種奨学金、または第ニ種奨学金の「採用 いまや高等教育を受けている学生の2.6人にひとりが利用している※という日本学生支援機構奨学金(※日本学生支援機構平成29年3月の調査資料より)。奨学金を利用する学生を「日本学生支援機構奨学生」と呼びますが、毎年奨学生を悩ませるのが、日本学生支援機構独自のネットシステム「スカラネット」です。 スカラネットについて、「id… スカラネット・パーソナルのページへ スカラネット・パーソナル(呼称:スカラネットPS)とは 奨学金を貸与・給付中の方や奨学金を返還中の方が、ご自身の奨学金に関する情報をインターネット上で閲覧できる情報システムです。 大学・大学院等に在学している期間は、在学猶予願の提出により返還期限が猶予されます。 また、退学・早期卒業等により在学期間が短くなった場合には、在学猶予期間短縮願を提出する必要があ 返還中の方のみならず、辞退等で貸与終了と なった在学中の方についても、以下の申込を受付けています。 全額繰上返還 一部繰上返還 在学猶予願・在学猶予期間短縮願. スカラネット・パーソナルからの在学猶予期間短縮願の提出は、2015年4月以降に「在学猶予願(在学届)」を提出した方が対象です。 ・学校を通して届出の提出が可能な場合は、在学届(在学期間短縮)」を在学していた学校に提出してください。