ウェイク アンダー トランク クーラーボックス


今大人気の背の高い軽自動車で人気を博している ダイハツウェイクとホンダNボックス 肝心な乗り心地はどっちが良いの!? 車体の大きさから維持費・燃費まで徹底比較します。 ウェイクとnボックスの乗り心地や大きさはどっち? まずは大きさについて比較してみましょう。 車内空間の盲点になりがちな内装や居住性ですが、日常的にクルマを使用するのであれば意外と重要なポイントになってきます。 ここでは軽自動車最大の車内空間の広さが特徴のダイハツの軽スーパーハイトワゴン、ウェイクの居住性や内装、収納力について見ていきましょう。 ラゲージの床下部分には90l ※3 の大容量アンダートランクを装備。クーラーボックスなどの大きな荷物も積み込むことができます。また、デッキボードの裏に設置されている脚を立てることでアンダートランクの高さを自在に変化させることができます。 アンダートランクが広すぎるっ! 収納がうまくできた大きな要因として、この「アンダートランク」と呼ばれる荷室の床下スペースがあげられます。約90lも容量があり、トランクやクーラーも収納できてしまう大きさが特徴です。 ダイハツ ウェイクの荷室床下部分には「 大容量ラゲージアンダートランク 」が装備されています。 クーラーボックスなどの大きな荷物をはじめ、日常で頻繁に使わないような子供の着替えや、アウトドアまたは災害時の車中泊で常備しておきたい物などバラエティに積み込むことが可能です。 ウェイクならこうすれば楽しく車中泊が楽しめます!って方法をいろいろ調べた結果、やっぱり経験者のアドバイスがいちばん有益だったのでご紹介します。 あと、調べるといろんなスタイルがあることも分かったので、その辺もたくさんまとめてみました。